[PR]

 堺市出身で、ボクシングのWBO世界ミニマム級チャンピオンの座を獲得した山中竜也選手(22)に11月29日、市栄誉賞が贈られた。市役所を訪れた山中選手は「光栄に思います。いずれ防衛戦を堺でやりたい」と話していた。

 

 山中選手は堺市美原区出身。小学校6年生でボクシングを始め、市立美原西中学校2年の時に真正ボクシングジム(神戸市)に入門。2012年にデビューし、今年8月にタイトルマッチを制して世界王者になった。竹山修身市長は「堺の子どもが世界に飛び立った。すばらしい」とたたえていた。