[PR]

 ◇取り調べ改革で虚偽自白防げ

 事件の発生から50年近くも収容されていた袴田巌さんが新たなDNA鑑定の後に再審開始を認められて釈放されたというニュースは、米国でも大きく報道された。この事件では自白調書の大半が違法な取り調べによるものと確定判決で認定されており、「虚偽自白」の問題も問われている。

 …