[PR]

 昨年9月の安全保障関連法の成立で、自衛隊は戦闘に伴う死傷の危険に、これまで以上に真剣に向き合う必要に迫られている。海外での活動が拡大し米軍との一体化が今以上に深まるからだ。しかし医療・衛生は防衛省・自衛隊で軽視されてきた分野の一つ。急ピッチで改革を進めながらも、厳しい現実に直面している。

 埼玉…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも