[PR]

 カタカナなのに日本の名前、この男は何者なのか。金曜夜のドラマで最後に流れる原作者を見て、そう思っている人もいるのでは。カズオ・イシグロ、日本生まれの英国人。注目の作家です。

 TBS系で放送中の「わたしを離さないで」は、英国の小説家、カズオ・イシグロの同名の作品を映像化したドラマだ。イシグロは1954年長崎生まれ。父の仕事の都合で、5歳で英国に渡った。

 「20代の前半ぐらいまでは、いずれは日本に帰るかもしれないと思っていた」。昨年6月の来日時、イシグロは語った。「日本から届く本や古い日本の映画を見て、頭の中に日本という国をつくりながら育った。自分にとって大切な世界を保存しておきたくて、小説を書くようになったのです」

 イシグロの最初の2作の長編小説は、いずれも日本を舞台にした物語。5歳までしか日本にいなかったイシグロの、遠い故郷への思いが詰まっているのだろう。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも