[PR]

 13日の韓国総選挙(定数300)で、与党セヌリ党は目標の過半数を確保できず、第2党に転落した。公認選びで朴槿恵(パククネ)大統領に批判的な一部の現職を露骨に排除したことで逆風を受け、首都圏で大敗。朴大統領の強権的な政治手法に「ノー」が突きつけられた。就職難にあえぐ若者の票が野党に流れたとの指摘も出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも