[PR]

 大手ゼネコンが1990年前後のバブル期を上回る好業績をたたき出した。13日に出そろった大手4社の2016年3月期決算では、最終的なもうけを示す純利益は4社とも過去最高。最高益更新は、清水建設が25年ぶり、鹿島と大成建設は24年ぶりだ。各社とも20年に迫る東京五輪の影響が大きい。

 「オリンピックか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも