[PR]

 特別警報は、3年前に運用が始まった。警報の発表基準を大きく上回り、すでに危険が差し迫っていることを示している。この段階で身を守るためにできることは限られる。注意報や警報、降水量などの情報を参考に、早め早めに避難などの判断をすることが大切だ。

 ■「50年に1度」に備える 鬼怒川の堤防決壊など過去5回発表

 特別警報が導入されたきっかけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも