[PR]

 22日公示された参院選で審判を受ける候補者は、日本の今後を左右する主要課題にどう向き合うのか。朝日新聞社と東京大学谷口研究室の共同調査では、今回の「自公VS.野党共闘」型の鮮明な対立構図のほか、与党間や共闘する野党間でも、政策によって各党の立ち位置が大きく異なる実態が浮き彫りになった。

 ■自公…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも