[PR]

 「生活保護の申請を却下する」。日雇い労働者の町、大阪・釜ケ崎で暮らしていた50代の男性は2013年2月、大阪市から1通の通知書を受け取った。

 結核感染の経験があり12年末に入院。退院しても病身で仕事はなく、生活保護を申請すると、大阪市の担当者から「とにかく仕事を探して」と言われた。

 生活保護法…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも