[PR]

 将棋と近代文学の関わりに着目した研究の成果が、昭和女子大(東京都世田谷区)で先月末にあった日本近代文学会の例会で発表された。芥川賞作家の朝吹真理子さんが将棋や棋士の魅力を語る講演もあり、将棋ファンや棋士ら約100人が耳を傾けた。

 テーマは「遊戯と文学の力学 将棋を視座として」。青山学院高等部・非…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも