[PR]

 失業率や求人倍率といった雇用指標の改善が続き、安倍政権はその成果を強調する。しかし生活が上向いたという実感がないという声は根強い。参院選で各政党は労働条件の改善を掲げるが、将来不安を抱え、出口の見えない現状にもがく働き手の訴えは届くだろうか。

 ■深夜・休日も…「つぶれる」

 関東地方のクリーニング会社の工場。週末は各店からのトラックがひっきりなしに出入りする。

 コートやジャケット、ワイシャツ。衣替えの時期は特に増える。工場内は洗濯機と乾燥機が並ぶ。仕分けして洗い、乾燥させ、アイロンをかけ、包装する。ボイラーの熱にさらされながら、数人の正社員と十数人のパートで作業する。

 40代の男性正社員は年収350万円。パートより責任が重い仕事を任される。ポケットに異物が入っていないか、素材ごとにきちんと仕分けできているか確認する。ミスは即クレームだ。1時間半ある休憩はほとんどとれず、ジュースだけで昼食を済ませることもある。

 定時は午前7時半~午後5時だが、出勤は午前7時。終業は時に深夜になる。残業は月60時間超。残業代は月3万円ほどしか出ない。残業代を申請すると、上司は「この程度の売り上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも