[PR]

 南シナ海の領有権をめぐり、フィリピンが中国を相手取った仲裁裁判で、「9段線」などこれまでの中国側の主張が否定された。中国は強く反発し、判決を受け入れないと表明。今後も実効支配を進める構えで、さらなる強硬措置に出る可能性もある。▼1面参照

 ■判決「歴史的支配の証拠ない」

 判決の最大の焦点は、中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも