[PR]

 『行きずりの街』などで知られる「シミタツ」こと志水辰夫さんが、4年半ぶりとなる書き下ろし長編『疾(はし)れ、新蔵』(徳間書店)を刊行した。1980年代の冒険小説ブームを率い、恋愛小説、時代小説も手広く手がけるキャリア35年のベテランは「小説の執筆は、うっぷんのはけ口」という。

 舞台は江戸・天保年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも