[PR]

 「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄は1937年、議会での演説を前に、辞世の歌を詠んでいた。軍部の横暴に批判を加えようとする演説で、暗殺をも覚悟しなければならなかったからだ。回想録の『民権闘争七十年』にある▼〈命にもかへてけふなす言説をわが大君はいかに見たまふ〉。前年に起きた2・26事件は、閣僚ら幾人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも