[PR]

 集中豪雨が多発する季節で土砂災害の危険が高まるが、土砂災害防止法に基づく警戒区域の指定は思うように進んでいない。指定が済んでも、追加調査が必要になったり、実効性のある避難計画を作るのが難しかったりする。犠牲者が出た広島や熊本、東京・伊豆大島でも課題が残る。▼1面参照

 ■広島・14年土砂災害 「資産価値減」指定に壁

 災害関連死を含む77人が死亡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも