[PR]

 18歳人口が減る中、大学が生き残りをかけて改革を迫られている。後押しする文部科学省も、入試改革や国立大の役割明確化といった対策を打ち出している。その意図はどこにあるか。地方創生を担う公立大を含め、大学全体の将来像をどう描くのか。高等教育行政のトップに聞いた。

 ■地域と向き合い、新たな価値創る

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも