[PR]

 公的財源が細る一方、多様な人材が求められる時代に、国公立大学が成果を出す道はどこにあるのか。とるべき針路を識者や高校長に聞いた。

 

 ■「地元枠」など柔軟な仕組みを 英オックスフォード大教授・苅谷剛彦さん

 ほとんどが国立で授業料が無償の欧州の大学や、全国区の有力私大とすみ分けて住民を優遇する米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも