[PR]

 高騰する薬代が将来の医療保険財政を圧迫しかねないことから、厚生労働省は27日、2年に1度の改定を待たずに値下げする仕組みづくりの検討を始めた。利用者が急激に増えた高額な薬が対象。まず、1人あたり年約3500万円かかる新型のがん治療薬「オプジーボ」の値下げを年内に決める方針だ。

 ■使用量減へ指針…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも