[PR]

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法違反で、平和的生存権を侵害されたとして、市民457人が国に1人あたり10万円の慰謝料を求めた訴訟の初弁論が2日、東京地裁であった。原告側は「テロに対する不安など、すでに様々な損害が生じている」と主張。国は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 弁護団によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも