[PR]

 大阪の繁華街の大型書店で、店長を務めています。ここ数年、目につくのが、在日コリアンらを攻撃するヘイト本や嫌韓本、嫌中本です。一時ほどの勢いはありませんが、売れているのは事実です。書店はこうした本と、どう向き合ったらいいのでしょうか。

 勝手な主張で事実をゆがめ、人々の心を傷つけるような本は、売るべ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも