[PR]

 ▼マヤ、アンデス、アマゾンの各地域で長年フィールドワークを行い、日本のマヤ研究の第一人者とされる実松克義・立教大学名誉教授が、自身の「マヤ研究の集大成」と位置づける『マヤ文明――文化の根源としての時間思想と民族の歴史』を現代書館から刊行した。古代マヤの文化伝統は、現代にも受け継がれ、実践されている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも