[PR]

 国の特別天然記念物アホウドリの1羽の幼鳥が今春、小笠原諸島の聟(むこ)島から巣立った。父親は8年前、ヒナのときに約350キロ離れた繁殖地の鳥島から人の手で運ばれてきた。鳥島は火山島で、噴火で営巣地が壊滅する恐れもあるからだ。聟島での初の「2世」の巣立ち。絶滅が危惧されるアホウドリの新繁殖地づくりへ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも