[PR]

 石牟礼道子さんと水俣病にかかわる人達(ひとたち)に会いに、水俣に行った。

 宿の下には川が流れていた。水音を聞いて眠り、水音で目がさめ、どこへ行っても水があった。そうか、ここは「水俣」、豊かな水の地。いつしか汚染と病気の代名詞となってしまったようなその名は、本来そういう意味だ。小さな港近くの家に人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも