[PR]

 すっかり市民権を得ているが、いま一つ意味がつかみにくい生物多様性について、「となりの生物多様性」は身近な暮らしに引きつけて説明している。

 2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智さんが開発したイベルメクチンなど、多くの医薬品は微生物が作り出した物質がもとになっている。ものづくりのヒントを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも