[PR]

 財務省によるビール類の税額統一案について、ビール大手各社の反応には温度差がある。税額引き下げを求める考えが大勢だが、各社の商品構成によって影響が異なるためだ。

 案では、「ビール」を減税、「発泡酒」「第3のビール」を増税し、2026年10月に税額を統一する。20年10月から3段階で、麦芽比率や原料…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも