[PR]

 民進党の枝野幸男憲法調査会長は25日、調査会総会で「(衆院の)解散権などについては(憲法)改正も視野に入れて議論を積極的にしていく」と述べ、内閣の解散権の制限を改正項目として検討していく考えを示した。解散は、内閣が自由にできるのではなく、衆院で内閣不信任決議が可決された場合に限るように改正すること…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも