[PR]

 今回紹介する古典文学の作品『古事談』は、鎌倉時代初期の説話物語で、源顕兼(みなもとのあきかね)(1160~1215)により著された。日記や伝承、言行録などに取材して描かれた奈良~平安時代の天皇や貴族・武士・僧侶などの逸話、約460編を収めている。実在の人物たちの公私の実像を数多くとりあげているのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも