[PR]

 作家の坂口恭平さん(38)が1年ぶりの書き下ろしとなる長編小説『現実宿り』(河出書房新社)を出した。躁鬱(そううつ)病を表現欲求に換えてきたパフォーマーが、生きづらさを抱える全ての人にさしのべる「非情な現実からのシェルター」の意味を込めたという。

 のっけから面食らう。なんせ「わたしたち」と名乗る…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも