[PR]

 歌人の宮柊二(しゅうじ)は、日中戦争さなかの1939年に一兵士として山西省に赴いた。戦地での体験を多くの作品に残している。「あかつきの風白みくる丘蔭に命絶えゆく友を囲みたり」。戦友の最期をみとった歌だろう▼目をそむけたくなる戦闘の描写もある。「ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば声も立てなくくづをれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも