[PR]

 自身の中に様々な交代人格を育てる作業を行っているわりに、一人机に向かってばかりいるので、他人と接する機会が少なく、異なる分野の人同士が参集して、一つのプロジェクトを進めるような仕事に憧れがあった。その欲求を満たすため演劇活動に関わったこともあったが、今では別の転職希望を胸に秘め、酒を飲みながら放心している時などに極めて具体的なプランを練るのが癖になった。

 そのプランというのは自分の居酒屋を開くことである。実際に経営者になったら、仕入れや採算や接客に悩まされるだろうが、空想居酒屋ならどんな奇抜なメニューやポリシーを打ち出そうが、思いのままである。「こんな居酒屋があったらいいのにな」というおのが理想をとことん追求すればよい。

 空想居酒屋「まさっち」はこれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも