[PR]

 ナチスやヒトラーを題材にした映画が近年相次ぎ、日本でもその多くが上映されている。埋もれたキーマンに光を当てる人間ドラマから、ヒトラーを現代によみがえらせるブラックコメディーまで、切り口は様々。そこから見えてくるものとは――。

 ■消えたタブー/せめぎあう反省と本音

 7日に公開されたドイツ映画「…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも