[PR]

 ■温泉療法専門医・早坂信哉さんに聞く

 冬に需要が高まるのが、保湿成分を配合したスキンケア系入浴剤だ。乾燥する季節、入浴後、皮膚の一番外側の角質層から水分が失われ、肌がカサつきやすい。温泉療法専門医の早坂信哉・東京都市大学教授は、「入浴中には皮膚が膨潤し、保湿成分が肌表面に吸着するだけでなく、角…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも