[PR]

 昨年、東宝の大作「64―ロクヨン―」をヒットさせた瀬々敬久監督が、自主製作に近いスタイルの新作を放った。重要なのは、これが“万人向け”の場所では決して出来ない、ハードコアで自由な表現を思いっきり展開していることだ。

 映画は戦後すぐ、バラックの店が立ち並ぶ下町で荒くれ男と米兵が喧嘩(けんか)をして…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも