[PR]

 男性向け雑誌に「死ぬまでSEX」といった見出しが躍りますが、中高年の性の現実はどうなっているのでしょう。実像に迫る新刊「セックスレス時代の中高年『性』白書」をまとめた日本性科学会セクシュアリティ研究会の2人に聞きました。

 研究会のメンバーは産婦人科医や臨床心理士。診察や相談を通じ、中高年期にはさまざまな悩みが伴うと痛感する。よりよいパートナーシップを考えようと2000年(有配偶者)、03年(単身者)にアンケートを実施。さらに12年には有配偶者・単身者の計1162人(40~79歳)に性について聞き、調査結果をまとめたのがこの本だ。

 代表の荒木乳根子(ちねこ)さん(74)は田園調布学園大学の名誉教授、臨床心理士の金子和子さん(71)は日本赤十字社医療センターでセックス・セラピストとして30年以上働いた。

 ■対等な関係へ過渡期

 ――セックスレス(性交が月1回未満)の人が1回目の調査から著しく増えています。なかでも40~50代は男性で2・5倍あまり、女性で1・8倍になりました。

 金子 40年前、カウンセリングに来るのはほとんど女性でした。「夫がしてくれない」と。いまは「私がしたくない」という女性が増えた。イヤなふうにされても以前は女性が黙っていたけれど、自己中心的なやり方にうんざりして、ノーと。

 荒木 経済力を持った女性が相対的に強くなって、求められてもノーと言えるようになった。性交を望んで実際に月1回以上ある人が1回目の調査では男性78%、女性79%でしたが、今回は男性44%、女性68%。満たされない男性が多くなった。

 ――セックスレスの背景にはさまざまな要因がありそうです。

 荒木 夫婦でどんなふれあいが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも