[PR]

 この冬話題を集めたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。家事=仕事、契約結婚=就業という設定が秀逸で、家事は女性の仕事、無償で行うのが当然という意識が、いまだに根強い日本社会の問題点を鋭くついていた。

 家事労働の代表格に、洗濯がある。洗濯機のない時代、洗濯は重労働だった。正倉院文書のなかには、洗濯の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも