[PR]

「赤糸威(おどし)大鎧(梅鶯飾)」 

 鎧(よろい)を構成する鉄や革製の小さな板をつなぐ、緋色の組みひも(威毛〈おどしげ〉)にまず目を奪われる。元はもう少し赤みがあったと考えられるが、あせた色が落ち着きを与えている。

 かぶとの前には、薄い鍬形(くわがた)がすらりと伸び、大将格が好んだという金…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも