[PR]

 文豪ツルゲーネフはツルギエニエフ、作曲家ドビュッシーはヅビツシイと書くべし。そんな一文が1917年2月、本紙に掲載された。いまから100年前の大正6年、記念すべき読者投稿欄の始まりである▼反論が8日後に載る。「日本の発音で正しくは出ない外国音がある(略)ツルギエニエフと文字に御書きになっても、田舎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも