[PR]

 中国・明代の高級官僚でありながら、文人画の伝統を受け継ぎ、書画の理論においても卓抜した見識を示した董其昌(とうきしょう)(1555~1636)。その作品を中心に、董其昌の前後を考える連携企画「董其昌とその時代―明末清初の連綿趣味」展が、東京・上野の東京国立博物館、同・根岸の台東区立書道博物館の2館…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも