[PR]

 日本文学に関する代表的な批評的散文をまとめた『日本批評大全』(河出書房新社)が出た。編著者で文芸批評家の渡部直己さんは「いまこそ、その力が必要なのに批評は瀕死(ひんし)。この本で批評をよみがえらせたい」と語る。

 時系列に沿って、江戸後期の上田秋成『雨月物語』(1776年)から柄谷行人『日本近代文…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも