[PR]

 水ぬるむ季節である。冷水と格闘する辛(つら)く厳しい冬が終わったことを豆腐屋はこう詠んだ。〈けさよりは我が指刺さぬ缶の水春の豆腐と思いあきなう〉。のちに作家になる松下竜一である。『豆腐屋の四季』には生業に根ざす季節感がにじむ▼春はやさしいだけでなく、苦みもあった。鍋物の季節が終わるからだろうか、春…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも