[PR]

 「娼婦(しょうふ)・楽園・植民地」をテーマに掲げた富田克也監督の新作「バンコクナイツ」が25日から公開される。タイからラオスまで舞台を広げ、日本と東南アジアのゆがんだ関係と歴史、欲望を重層的に交錯させた182分の怪作だ。

 タイの首都バンコクにある日本人向けの歓楽街タニヤ通り。日本に居場所のない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも