[PR]

 能の「謡」と現代音楽を組み合わせた舞台を国内外で上演している青木涼子が、活動の場を広げている。来月12日、パリを拠点に活動する作曲家・馬場法子による謡と弦楽四重奏のための新曲「ハゴロモ・スイート」を披露。12月にはパリで細川俊夫作曲、平田オリザ台本の室内オペラを初演することが決まった。

 東京芸術…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも