[PR]

 地方公務員法と地方自治法の改正案が7日、閣議決定された。自治体で働く非正規公務員の採用の根拠をはっきりさせ、期末手当(賞与)を支払えるようにすることを明記した。身分が不安定で「官製ワーキングプア」とも指摘される非正規公務員の処遇改善が狙いで、不透明な採用方法を改めるなど制度はわかりやすくなる。ただ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも