[PR]

 「地震の神様」と呼ばれた学者がいる。東京帝大教授を務めた今村明恒(1870~1948)だ。

 助教授だった1905(明治38)年、過去に起きた地震の記録に注目し、「50年以内に東京で大地震が起きる」と警告。当時は「ほら吹き」呼ばわりされたが、23(大正12)年に関東大震災が起きると評価が一転した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも