[PR]

 青色発光ダイオード(LED)をつくった赤崎勇さんら日本の3人に2014年、ノーベル物理学賞が贈られました。青色LEDの発明で白熱電球に代わる省エネルギーな白色照明をつくれるようになった功績をたたえたものです。このころ、テレビ番組の解説などでよく「白色をつくるには赤、緑、青の3色の光が必要」という間…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも