[PR]

 ぞうくんはひとりでは池を渡れない。好意に甘えてカバの背に乗る。水が深くなるとワニやカメにも支えてもらうが、重すぎて4頭は水中で転んでしまう▼絵本『ぞうくんのあめふりさんぽ』(なかのひろたか作)である。慌てたぞうくんが実は泳げたという結末なのだが、この人の場合は自ら沈む結果を招いた。内閣府政務官兼復…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも