[PR]

 東芝が、決算発表の再延期と海外原発事業からの撤退方針を表明した。再延期は不正会計問題が発覚した2015年以来で、東芝への不信は募る一方だ。米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の株式売却で追加損失の回避を目指すが、上場廃止や巨額損失のリスクをいくつも抱え、再建への道筋は見えていない。▼1面参照

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも