[PR]

 賞金200万円に色めき立ったのは、友人たちの方だった。「クラス全員に焼き肉をおごらされそうになりました」

 愛知県の高校2年生。昨年初めて書いた小説「星に願いを、そして手を。」が史上最年少で小説すばる新人賞を射止め、2月に単行本を出版した。「あだ名が『先生』になった」と照れる。

 受賞作は、夢と向…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも