[PR]

 国会で繰り返された否定の言葉が、一夜にして翻った。稲田朋美防衛相が14日、かつて学校法人「森友学園」の代理人として裁判に出廷したことを認め、発言を訂正して謝罪した。「記憶になかった」という釈明に「資質を疑われる」と批判の声も上がる。▼1面参照

 14日の参院予算委員会。「記憶に基づいた答弁だった…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも