[PR]

 連合と経団連の激しい交渉の末、安倍晋三首相の「裁定」を経てようやくまとまった残業時間の上限規制。「過労死ゼロ」を目指す新たな規制案に、ほころびがあることがわかってきた。繁忙期の上限を「月100時間未満」と決めたことにも「過労死容認」との批判がやまない。▼3面参照

 17日の働き方改革実現会議に提…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも